Product information

グリーンキャッチャー

用途 植生誘導型マット
土質 硬質土・礫質土・軟岩地
備考 亀甲金網付タイプ有
カタログ

グリーンキャッチャー カタログPDF

特長

植生基盤の造成
特殊植生基盤袋に内包された植生基盤材が降雨により破袋して種子袋と種子袋の間に植生基盤を造成します。
周辺植生を誘導
種子袋と種子袋の間に周辺植物の種子が飛来できる場所があるため、周辺の環境と調和した植物群落の造成が可能です。
循環型植生マット
製品は100%生分解する素材(主にヤシネット)で構成されているため自然に還元されます。
間伐材の利用
特殊植生基盤袋には間伐材チップが入っており、植生基盤の保水力と保温効果が向上します。
在来種配合
本製品は、在来種のみを使用しているため施工地周辺の環境への影響が少ない郷土型植生マットです。

標準規格

製品名 規格 ネット 梱包数
長さ 基盤袋間隔 材質
グリーンキャッチャー 1m 5m 50cm ヤシ繊維 ブラウン 5㎡
グリーンキャッチャー亀甲金網付 1m 5m 50cm ヤシ繊維 ブラウン 5㎡

施工手順

  1. 施工法面の浮石・浮土砂・法肩のかぶり・雑草木を除去し、マットが地山に密着するように法面清掃を行う。
  2. グリーンキャッチャーの不織布面を地山側(ヤシ繊維ネット面は上側)にして、法肩部を20㎝程度巻き込み、アンカーピンで仮固定した後、法面に展開する。
  3. 重ね合わせは、横5cm程度、縦10cm程度にし、アンカーピンを所定の位置に打ち込んで固定をする。アンカーピンは植生基盤袋の袋の中心に打込む。

※)降雨時の施工は避けてください。
※)保管は日陰で風通しのよい乾燥した場所に置いてください。

施工図

施工例

  • 山腹法面(施工後7年)
  • 山腹法面(施工後7年)
  • 林道法面

設置図

100㎡あたりの本数
〇 ⏀ 16×400mm 63本
/ ⏀ 9×400mm 480本

資料請求

お問い合わせ

※製品改良のため、予告なく仕様を変更する場合がありますので、ご了承ください

新日本緑化