Product information

グリーンキャッチャー

用途 植生誘導型マット
土質 硬質土・礫質土・軟岩地
備考 亀甲金網付タイプ有
カタログ

グリーンキャッチャー カタログPDF

特長

法面の侵食を抑制
光分解性ネット(亀甲金網)・ヤシネット・分解性ネットの多重構造によって周辺植物の種子を 捕捉し、
植生回復まで法面の侵食を抑制します。
多用途仕様
法面勾配や凹凸の有無によって緑化基礎工(金網張工)が併用できる多用途仕様。
状態に合わせた種類選択可能
法面の状態に合わせてマットの種類を選択できるため、様々な法面に適用できます。
保水力・保温効果
特殊植生基盤袋には間伐材チップが入っており、植生基盤の保水力と保温効果が向上します。
自然に還元するエコ仕様
分解性の素材を使用しているため、中長期的には自然に還元するエコ仕様です。

標準規格

製品名 規格 筒袋 網体
グリーンキャッチャーM型 幅1m×長さ10m 肥料袋100㎝間隔 光分解性ネット ヤシネット 分解性ネット
亀甲金網
グリーンキャッチャーK型 幅1m×長さ10m 肥料袋60㎝間隔
植生基材袋中60㎝間隔
光分解性ネット ヤシネット 分解性ネット
亀甲金網
グリーンキャッチャーⅠ型 幅1m×長さ5m 植生基材袋中20㎝間隔 光分解性ネット ヤシネット 分解性ネット
亀甲金網
グリーンキャッチャーⅡ型 幅1m×長さ5m 植生基材袋大20㎝間隔 光分解性ネット ヤシネット 分解性ネット
亀甲金網

施工手順

  1. 施工法面の浮石・浮土砂・法肩のかぶり・雑草木を除去し、マットが地山に密着するように法面清掃を行う。
  2. グリーンキャッチャーの光分解性ネット又は亀甲金網面を上側にして、法肩部を20㎝程度巻き込み、アンカーピンで仮固定した後、法面に展開する。
  3. 重ね合わせは、横5cm程度、縦10cm程度にし、アンカーピンを所定の位置に打ち込んで固定をする。アンカーピンは植生基盤袋の袋の中心に打込む。

※)降雨時の施工は避けてください。
※)保管は日陰で風通しのよい乾燥した場所に置いてください。

施工図

施工例

  • 山腹法面(施工後7年)
  • 山腹法面(施工後7年)
  • 林道法面

設置図

製品名 アンカーピン / 止め釘 100㎡あたりの本数
グリーンキャッチャーM型 〇 ⏀ 9×200mm 131本
× ⏀ 5×150mm 310本
グリーンキャッチャーK型 〇 ⏀ 9×200mm 197本
× ⏀ 5×150mm 516本
グリーンキャッチャーⅠ型 / Ⅱ型 〇 ⏀ 16×400mm 63本
× ⏀ 9×200mm 564本

資料請求

お問い合わせ

※製品改良のため、予告なく仕様を変更する場合がありますので、ご了承ください

新日本緑化