Product information

ウッドサイクルマット

用途 間伐材利用植生基材マット
土質 岩塊・玉石・軟岩
カタログ

ウッドサイクルマットカタログPDF

厚層植生マットの特長

  1. 天然素材で構成されたエコ仕様の植生基材入り厚層マット。
  2. 法面の勾配や凹凸の有無によって緑化基礎工(金網張工)が併用できる多用途使用。
  3. 岩の風化状況に合わせてマットの厚みを選択できるため、様々な軟岩法面に適用できます。
  4. 間伐材(樹皮)を基材袋間に大量使用しており、基材の保水・保温・流防防止に効果があります。
  5. 草本植物と木本植物を両立させる分離配合が可能なため、様々な緑化目標に対応できます。

厚層植生マットの標準規格

製品名 規格 筒袋 ネット 下地
長さ
ウッドサイクルマットT30 1m 5m

基材袋 中

10cm間隔
ヤシネット ジュート布
ウッドサイクルマットT30亀甲金網付
ウッドサイクルマットT50 1m 3m

基材袋 大

10cm間隔
ヤシネット ジュート布
ウッドサイクルマットT50亀甲金網付

施工手順

  1. 施工法面の浮石・浮土砂・法肩のかぶり・雑草木を除去し、マットが地山に密着するように法面清掃を行う。
  2. マットのジュート布面を地山側(ヤシネットが上側)にして、法肩部を20㎝程度巻き込み、アンカーピン・止め釘で固定した後、法面に展開する。
  3. 重ね合わせは、横3cm程度、縦10cm程度にし、アンカーピン・止め釘を所定の位置に打ち込んで固定をする。

※)降雨時の施工は避けてください。
※)保管は日陰で風通しのよい乾燥した場所に置いてください。

施工例

  • 〈愛知県設楽郡〉T30(亀甲金網付き)
  • 〈愛知県設楽郡〉T30(亀甲金網付き)
  • 〈岐阜県中津川市〉T30
  • 〈三重県津市〉 T50
  • 〈愛知県豊田市〉T50

厚層植生マットの施工図

厚層植生マットの設置図

100㎡あたりの本数
◯ メインアンカー φ16×400㎜ 85本
× サブアンカー φ9×200㎜ 376本
100㎡あたりの本数
◯ メインアンカー φ16×400㎜ 84本
× サブアンカー φ9×200㎜ 377本

厚層植生マットの資料請求

厚層植生マットのお問い合わせ

※製品改良のため、予告なく仕様を変更する場合がありますので、ご了承ください

新日本緑化